ホーム 園について 保育の特色 園での生活 はった子育て支援【準備中】 情報公開

保育園での生活
~ 三つ子の魂百まで ~








【 年間行事・デイリープログラム 】
【 クラス配置・園舎内外の様子 】

八津田保育園での生活
~ 三つ子の魂百まで ~

子育ては、時代とともに変化してきました。
そして今も、急速に変化をし続けています。
しかし、どれほど時代や社会背景が変化し、子どもへの関わりが変わっても、子どもの健やかな成長を願い、そして促す乳幼児期の関わりは、同じでありたいと願っています。
それは、いのち恵まれた日から我が子を願い、我が子を抱いた、あの感動のように。
そして感動はそのまま、親としての関わりへと変わっていきます。
それは、子どもに安心や信頼を感じられるようにと。
お腹が空いたと泣けば、ミルクを飲ませる。
手を動かせば、その思いを理解し語りかける。
微笑めば、微笑み返す。
我が子の小さなサインに気づき、受け止める。
「何を見ているの?」
「あったかいね」
「美味しいね」
「キレイな音が聞こえるね」
など、ありのままに受け止め、存在を認める言葉を語りかけ続けること。
その積み重ねのなかで、我が子は親への信頼や安心をしていきます。
そんな乳幼児期の関わりが、その人の生き方に大きく影響することを「三つ子の魂百まで」と、短い言葉で端的に伝えています。
もう二度と戻らないこの瞬間を、子どもの視点に立って保護者とともに願っていきたいと考えています。
だからこそ、
『子どもは親の云うようにはならない。親のしているようになる。』
この言葉を私自身に向けられている言葉として、日々の保育に努めています。

【年間行事・一日の流れ】


◇年間予定◇


◇一日の流れ◇

【クラス配置・園舎内外の様子】


◇クラス配置◇
  ☆0歳児 ― 椛組(もみじぐみ)
  ☆1歳児 ― 楓組(かえでぐみ)
  ☆2歳児 ― 桃組(ももぐみ)
  ☆3歳児 ― 梅組(うめぐみ)
  ☆4歳児 ― 桜組(さくらぐみ)
  ☆5歳児 ― 松組(まつぐみ)

 

※松組(5歳児)クラスは、小学校初等教育へのスムーズな移行を考え、40年以上前から個別の机・椅子を提供しています。園内でも梅組(3歳児)クラスからは、教育的な学びが出来るよう支援も行っています。

【園舎の外観・内観の様子】


◇園舎外観◇
  園舎西側
  正面玄関

◇園舎内観◇  
 【1階】  
  事務室
  遊戯室
  楓組
  椛組
 
 【2階】
  ☆松組①
  ☆松組②
  ☆桜組
  ☆梅組
  ☆桃組